独立開業前に雇用保険に5年以上加入している方が対象!

受給資格者創業支援助成金とは  

独立開業前に、創業者が雇用保険の受給資格者を5年以上有している場合に受けることができる助成金です

 

助成金を受けることができる要件

1.雇用保険の受給資格者で加入期間が5年以上であること

2.法人等の設立をまだしていないこと

3.創業受給資格者が設立する法人等の業務に従事すること

4.法人の場合は創業受給者が出資し、かつ代表者であること

5.法人等を設立する前に、「法人等設立事前届」を管轄の公共職業安定所

  ハローワークに提出し認定を受けること

6.法人設立後、1年以内に雇用保険の一般被保険者となる労働者を雇い入れ

  雇用保険の適用事業主となること

7.雇用保険の事業主となったあと、3か月以上事業を行っていること

 

助成金支給額

受給資格者創業支援助成金の支給額は

法人等の設立に伴って発生した費用の合計額の1/3の額

その額を半分にして2回支給されます

※半分の額が150万円以上の場合は150万円が上限です

※創業後1年以内に雇用保険の一般被保険者を2人以上雇入れた場合は

 50万円加算されて支給されます

 

助成金受給までの流れ

1.法人等設立事前届の提出

  法人等設立事前届

  雇用保険受給資格者証の両面コピーを提出します

2.法人等の設立

  法人の場合は法人を登記した日

  個人の場合は税務署に個人事業開始届を提出した日が設立日です

3.労働者の雇入れ

  労働者を雇入れた場合は、雇用保険適用事業主になる必要があります

  管轄の公共職業安定所で必要な手続きを行います

4.助成金支給申請書の提出

  受給申請期間は1か月です

  この期間に申請しなければ助成金は受給できなくなります

5.助成金受給

  指定の金融機関に助成金が振り込まれます