飲食店・美容室などが無担保・無保証融資を受ける制度です

生活衛生貸付とは

飲食店経営、理容・美容業、クリーニング業などの事業者向けの低利の融資制度です

 

借入条件

■融資対象

・飲食店営業・美容業・理容業・クリーニング業などの生活衛生関係の事業を営む方

・常時使用する従業員が5名以下の会社または個人  

・生活衛生同業組合、生活衛生営業指導センターの長の推薦を受けた方

 (借入申込金額が300万円以下の場合は推せんは不要です)

 

■資金使途

 ・設備費(備品等)

 ・店舗内の改装費

 ・店舗等の賃借費

  ※運転資金(広告宣伝費等)、消耗品費は対象外になります

 

■融資限度額

 1,500万円以内

■借入期間

 設備資金 10年以内(うち据置期間2年以内)

 運転資金 7年以内(うち据置期間1年以内)

■借入利率

 1.65% 

 

借入申し込みの流れ

1.必要書類の準備

  ①推せん書交付願

  ②借入申込書

  ③施設・設備の概要(見積書、仮契約書の写、価格の確認できる書類、図面等) 

  ④企業概要書

  ⑤(法人の場合)履歴事項全部証明書 等

 

2.推せん書交付申請

  必要書類をそろえて推せん書交付申請を行います

  必要書類

   ・日本政策金融公庫の借入申込書

   ・推せん書交付願および理由書

   ・申込金額を確認できる書類(見積書、仮契約書など)

   ・行政処分を受けていないことの証明書(新規開業は除く)

   ・独立開業については勤務先の従事証明書

    (同一店舗において6年以上従事している者または同一業種において

     6年以上従事している者)

 

  申請先 都道府県生活衛生主管部(局)

      生活衛生指導センターに推薦事務が委託されている場合は

      各都道府県生活衛生指導センター

  大阪府の場合(平成25年4月1日より)

  申請先:財団法人大阪府生活営業指導センター

 

3.借入申込

  交付された推せん書を添付して日本政策金融公庫に借入を申込みます

 

4.面談

  資金の使いみちや事業計画について日本政策金融公庫担当からヒアリングを

  受けます

 

5.融資決定・借入手続

  借入書類を提出し、契約完了

  後日、取扱金融機関に融資金額の振込があり手続き完了です