行政書士は日本政策金融公庫と連携しています!

大阪府行政書士会と日本政策金融公庫大阪府下各支店が覚書を締結!!

大阪府行政書士会と日本政策金融公庫の大阪府下支店は平成24年10月9日に中小企業者等の経営の安定及び経営基盤の強化を目的とした支援に連携して取り組むために覚書を締結しています。

 

 連携の目的は?

 ・新しい産業の創出による就業機会の増加

 ・市場における公正な競争の促進

 ・地域経済の活性化

 

 どう連携しているの?

 「覚書」第2条(連携の内容)より

 ・中小企業への情報提供

 ・相互の研修等への講師派遣

 ・地域における経済情報、動向等に関する情報交換

 ・個別企業からの相談への対応

 ・その他中小企業等への支援に寄与する事項

 

 行政書士が起業・融資支援に強いわけ

 小規模事業者、中小企業の身近なサポーターである行政書士と個人事業者や

 中小企業への融資拡大を図りたい日本政策金融公庫がともにタッグを組んで
 融資案件のサポートしています。

 この強力なパイプを活用するからこそ、行政書士が個別の融資案件に対しても

 積極的にサポートすることができるわけです。